オレンジの街角

太陽が朝から出ていてちょっと暖かい今日この頃のストックホルム、でも、だからって薄着してたら大変なことになる。
太陽が沈めば気温はまたグット下がり、風も冷たくまだ寒い。
それでも12月や1月のように冷え込むような日々は少なくなってきて、この程度の寒さなら文句はいえない、などと思いながら重い羽毛の入ったコートに手を通す毎日。やっぱりこの羽毛のコートを離せるようになるのはまだまだ先の事。
だいぶ日が長くなり、人々の顔に希望が見えるように感じるのは気のせいなのかしら......
冬の夜、暗くなるとカフェーやレストラン、ブッティックの入り口に灯りが灯り、あたりはオレンジ色をはなつストックホルムの街角。

b0192703_620236.jpg
暖かいオレンジ色の部屋に誘われてカフェーに........
b0192703_634024.jpg
b0192703_6345953.jpg

b0192703_636363.jpg
b0192703_6381274.jpg



























石をくりぬいたような中にボソッと灯りが.........

灯りが広がらないで寒々とした感じの灯り。

流れ星が石に当たって燃えてるみたい。




b0192703_781215.jpg

b0192703_710315.jpg























灯りを追って散歩していると、いつの間にかとんでもない所に居る私に気がつく。灯りに誘われるってこういうことなのかしら。



励みの一票、お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
ご協力ありがとうございます。
[PR]
by poppy49 | 2011-02-02 07:35 | 冬のセレナーデ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://poppy49.exblog.jp/tb/14846938
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ruggine at 2011-02-03 05:35
いつもいつも感心してしまうのがスウェーデンの人達の灯りの使い方の見事さ、です。
生活に密着しているからかな?ベイルマンの世界で大好きです。
Commented by poppy49 at 2011-02-04 01:59
ruggineさん

多分暗くて寒い冬が長いので、暖かさ演出する灯りが必要なんでしょう。
家の中だけでなく、外の街灯も暖色系のやわらかな色がおおいいです。でもこの街灯がが沢山あるので、夜のお散歩もバッチリ。




<< インテリア田舎風2 氷点下の屋外カフェー? >>