太陽に恋をしてる人々

大吹雪の後の澄んだ空気とすばらしい太陽のめぐみ、でも気温はマイナス5度位でとっても寒い。
まぶしくなるような青い空と湿気のない空気.........
11月の太陽は冬へと向かう太陽、
2月の太陽は春へと向かう太陽。
旧市街から15分位歩いたらもう着いてしまう小さな島 Skeppsholmen(フェップスホルメン)に散歩することにした。きっと雪景色がきれいだろう。

b0192703_6361058.jpg
この橋を渡るとSkeppsholmen。
b0192703_6403034.jpg
左には額縁にはめた油絵のような景色が広がる。
b0192703_646980.jpg
橋の手すりにはゴールドの王冠が。
b0192703_6485068.jpg
向こうに見える、船のユースホステル Chapman。
b0192703_6535674.jpg
バルト海をみながら
日向ぼっこ。
b0192703_6552786.jpg
魔法瓶にコーヒーー持参のカップル、バッグの中にはお弁当が入ってるのかな。
b0192703_733370.jpg
ほらここでも年配のカップルさんも日向ぼっこ。
b0192703_764163.jpg
誰も何も語らないで、
ただただ海をみつめてる、
太陽に恋をしている人々、
太陽がこんなに人の心を左右するとは
長く暗い冬を知らない人には
わからないだろう。

励みの一票、お願いします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
ご協力ありがとうございます。
[PR]
by poppy49 | 2011-02-17 07:29 | 冬のセレナーデ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://poppy49.exblog.jp/tb/14926961
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ruggine at 2011-02-19 03:06
>太陽がこんなに人の心を左右するとは
>長く暗い冬を知らない人には
>わからないだろう。
・・・・とってもココロに響くコトバです。本当にそうですよね。
とっても素敵な一日でしたね。
Commented by poppy49 at 2011-02-20 04:56
ruggeneさん 
いつもコメントありがとう。
スエーデンで冬を越す人達の想いが、少しでも通じたらとおもいます。


<< 旧市街の冬を音楽とともに バレンタインのチョコレート >>