神秘的なストックホルム sanpo

ストックホルムはネオンがとても少くて街のムードをこわさなくていいなといつも思ってたんですが、ネオンと雪との共演で幻想的な街並みを目の前にして、こんな色あいを見せてくれるなら、ネオンもあっても良いかな。そんなことを考えながら写真を撮りました。

b0192703_5485240.jpg
突然暗闇のなかに浮かび上がった薔薇色の家........
b0192703_63177.jpg
近くでみても幻想的。
b0192703_683358.jpg
雪まで薔薇色に染まってる。
b0192703_6191897.jpg
ほら、左上に見えるでしょ、コカコーラのネオンサイン、赤いんですが雪に反射してるせいなのか、何故か薔薇色。
この場所から写真撮るの大変でした。新雪が沢山積もったばかりで、足を踏み入れたらズブズブズブ、腰の近くまで中にはいってしまい、バランスがとれない、一瞬パニック、だってまさかこんなに深い雪だとおもわなかったんですもの。まさに雪の中を泳ぐって感じかな。
b0192703_65662.jpg
b0192703_6563173.jpg
白い雪とネオンが描いたアート........
b0192703_795349.jpg
路地につづく道と薔薇色の壁にヴィロードのような神秘的な空の色.........
b0192703_723111.jpg
その先には窓にヴァイオリンを何気なく飾ってある地下の昔ながらの手作りの弦楽器のお店。

宝物をみつけたような、とっても幸せな満足感をいだいて、誰もいない暗い道を家路へと。



励みの一票、お願いします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
ご協力ありがとうございます。
[PR]
by poppy49 | 2011-02-23 07:41 | 冬のセレナーデ | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://poppy49.exblog.jp/tb/14957537
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by かもめ at 2011-02-23 19:44 x
本当に、時折アートを見せてくれるのなら、
ネオンも少しはあってもいいのかもしれませんね。
それでなくても北国の冬は彩りが少ないから~

もっともこちらで拝見する写真はどれも
陽の光も、街頭の灯も、窓から漏れる光でさえも、とっても柔らくて、
寒空をあたためてくれているようで素敵だなあ~といつも感心しているんですよ。
カメラを持つ手はきっとかじかんでいるに違いないのにね!
Commented by ruggine at 2011-02-24 01:51
こんばんは。ホントに幻想的ですね。一瞬寒さを忘れてしまいそうな、
別の世界に迷い込んだ様な感覚になりそう・・・。
でもね、毎回とっても楽しみにしているんですケド、poppyさんが
風邪をひいてしまわないかとっても心配です。
スポンって、あっという間に腰の深さまででしょう・・・。
気をつけてくださいね。
↓この町並みも音楽を聴きながらマウスを行ったり来たり上下に忙しく
動かしながら何度も眺めてしまいました。
Commented by poppy49 at 2011-02-25 06:38
かもめさん

出来るだけ暖かい感じのする街並みを探してるんですよ、
でも暖かい感じを与えるために街灯の灯りがオレンジ系なのはうれしいです。
3分ぐらい手袋なしでシャッターきるんですが、かじかんでるというより、もう指がジーーンとして痛くて痛くて、でも凍るような寒さのなかに、美しさがある。
Commented by poppy49 at 2011-02-25 06:49
ruggineさん

そうなんです、目の前にこの風景が目に留まった時、
胸がドキドキする程うれしかったです(笑)。

氷点下のなかを毎日カメラもってうろちょろしてるので、かえって丈夫になって風邪ひとつひかないんですよ。
Commented by florentia55 at 2011-02-27 20:03 x
素敵ですね!夜の街でネオン色の意味や家の明るい色の意味が
ホントにわかることができるのかもしれませんね。
北イタリアの深~い霧の中に浮かぶ 明るい色の建物が
とても自然に思えたりすることがあります。
これからもナイトシーンの撮影楽しみにしていますね。
Commented by poppy49 at 2011-02-28 07:57
florentinaさん

ネオンのイメージとぜんぜん違う風景が出現する、ネオンって不思議な魔法使いみたいです。
霧の中にに浮かぶ建物や風景がいつもと違う様子をみせるのも、霧が私達に目の錯覚を起こさせる為なのかしら。
これからも頑張りますので、よろしく。
Commented by yspringmind at 2011-03-06 04:19
こんにちは。遊びに来ました。
私は薔薇色という言葉が大好きで、それを使うpoppy49に妙な共感みたいなものを感じました。それにしても雪深いですね。だから春の存在が尚更嬉しいですね。今日はこちらのリンクを頂いて帰ります。
Commented by poppy49 at 2011-03-06 07:16
yspringmindさん

薔薇色という言葉、いろんなニュアンスを感じます、そしてバラ色でなくて、漢字で薔薇色ですよね(笑)。
リンクありがとうごさいます、かなり気ままなブログですが、
四季を通して見える、感じるストックホルムをお届けできたらと
思います。


<< チューリップの微笑み 旧市街の冬を音楽とともに >>