不思議な太陽



             この日は朝の不思議な太陽だった
             
             日の出が7時30分頃におきる今時
             9時頃の曇り空で寒い氷点下の雪の降る
             醜い天気の悪い日で
             太陽を背にして歩いてたんですけど
             何の気なしに後ろを振り返ってみたら
             太陽がボーっと大きく空に浮いてるような
             つまり眩しくないんです

b0192703_912531.jpg

             ちょっと気味悪く
b0192703_915288.jpg

b0192703_9472488.jpg

             幻想的で
b0192703_925522.jpg

             一瞬別世界に放り込まれたようで.......
b0192703_934647.jpg

             それは決して長い時間ではなかった
             醜い灰色の空に変わり
             太陽はあとかたもなく消え

             騙されたかのように
             一人取り残された私
             幻の太陽だったのかしら

             この日は一日中雪が降り続いた
             氷点下の恐ろしく寒い日だった
             


       一日一回励みの1票 お願いします
       人気ブログランキングへ    にほんブログ村 海外生活ブログへ

[PR]
by poppy49 | 2012-02-11 09:52 | 冬のセレナーデ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://poppy49.exblog.jp/tb/17782489
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ruggine at 2012-02-13 23:51
眩しくない太陽ですか。
なんだろう・・・???全体的にモワッとした一瞬とか???
さすがの太陽も雪には勝てなかったのかな。
Commented by poppy49 at 2012-02-15 00:18
ruggineさん

この日はとっても天気が悪かったので、
だいたい何で太陽がが出てるのって感じで.......
重たい灰色の雲の後ろで頑張ってたけど、
この天気には勝てなかったようです。


<< バレンタインの日 モーヴ色の街 >>