セザンヌの隠れ家、ビベミュスの石切り場

             セザンヌの隠れ家のようなアトリエは
             ローカルバスの8番の最終駅で降り
             迎えにきたシャトルバスで
             赤土の塊の山道の坂を上がったところ
             セザンヌがイーゼルや絵の具を馬車に積み
             百年前に通った同じ道

b0192703_3512476.jpg

             1日2回だけのガイド付きの予約制
             たった10人程のちいさなグループ
             鍵がかっかていていました
b0192703_414359.jpg

b0192703_423478.jpg

             まさに山の中
b0192703_455778.jpg

             セザンヌカラーの
             緑がかった赤茶色の岩

b0192703_491791.jpg

             太陽に照らされて
             オレンジ色に輝いている
             セザンヌの隠れ家
             週5日間この小屋に泊まり
             2日間は妻と息子のいる街へと
             日の出とともに起き
             日の入りとともに寝たという


b0192703_4265343.jpg
 
             小屋の前には
             彼の愛したサント.ヴィクトワールがみえる 


b0192703_4312444.jpg
 
b0192703_432884.jpg
 
             おなじ場所がそのまま残ってる


b0192703_4371995.jpg
 
b0192703_4372084.jpg

             少し大きくなってるが同じ木が残ってる
             考えてみると
             絵になる景色は何処にでもある
             ただそれに気づくか気付かないかだろう
             昔絵を書いていた頃に
             美術の先生が自然を自分の目で解釈し
             また自然にもどれと
             今ならわかるような気がする


b0192703_4544826.jpg

             何百年もの間そびえてきたのか
             サント.ヴィクトワールの山
             これからも観光客に荒らされないで
             大事にこの場所
             セザンヌの隠れ家のアトリエ
             ビベミュスの石切り場を大事に守ってほしい
             
             
 一日一回励みの1票 お願いします
       人気ブログランキングへ    にほんブログ村 海外生活ブログへ

[PR]
by poppy49 | 2014-10-19 05:22 | フランスの街角 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://poppy49.exblog.jp/tb/23589055
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 美しきリュベロンの村々 エクスアンプロヴァンスの旧市街 >>